-

クレジットカードの強制退会はその言葉の通り一方的にクレジットカードを没収(停止)されてしまうこと。強制没収となった場合には言うまでもないですが対象のカードはその時以降は完全に使用できなくなります。強制退会扱いとなる原因は色々・・・クレジットを有無を言わさずに没収扱いとなる事情は様々。基本的に日常の購買において使う等クレジットカードを用いている限りでは、ユーザーが強制失効となるケースなどはそうないので心配しないで頂きたいと思いますが強制失効となりかねないパターンに関して覚えておくということでカードが今よりも安全に使用できることになると見込まれるためこの文章ではそのパターンのひとつの例について記述できたらと思っています。まず言えるのはクレジットカードの発行会社から信用がなくなってしまう行動をすることまたはクレジットカードの発行会社の損失となるような行動をしないでおけば、没収などはありえないと言える。健全に使用するということが最優先なのでこれまでそのようなような振る舞いをした経験のおありの人は、以後は信用される履歴データにするように心がけて欲しいと思います。そもそもクレカの使用料金を支払いをしない・・・この場合は甚だ言うまでもないケースではありますが、クレジットカードで購入した代金をクレジットカード会社に支払いしないカード代金の踏み倒しをする場合、もしくは常日頃から借金生活のため利用料の弁済ができなくなってしまうといったケースには例外なく強制没収という扱いになってしまうことでしょう。基本的にはカードの会社はあなた自身を信用しているからこそカードを使用させていているのであるから、あなた自身が返済をできない限りそこまでの信頼はすべて崩れ去ってしまうでしょう。そういったことから、カードを取り上げるという手続きでさらなる損失拡大を未然に阻止する対応をしなくてはならないために、強制退会になってしまうのです。